日本の携帯 VS ニッテルの携帯(オーストラリアの携帯)

日本の携帯 VS ニッテルの携帯(オーストラリアの携帯)

意外と知られていない、日本の携帯を海外で利用したときの高額ローミング料金

最近は日本と海外の両方で使える携帯電話がありますが、日本で契約した携帯電話を海外で使うと【国際ローミング】をしている状態になるので、発信・着信ともに通話料金が発生します。参考までに下記のシミュレーションをご参考下さい。

  • 【国際ローミング】=契約している通信事業者のサービスを、海外の提携事業者の設備を利用して受けられるようにすること。
日本の携帯を国際ローミングしたときとの比較 ※$1=71円として換算(2019年8月現在)
  オーストラリア
国内へかけた場合
オーストラリア
国内で着信した場合
SMS送信 SMS受信
日本の電話を利用
S社
115円/分×10分=
1150円
120円/分×10分=
1200円
100円/1通
(半角140文字相当)
0円
ニッテル
※シムのみ$32の場合
$0.80×10分×71円=
568円
0円 $0.25/1通×71円=約18円
(半角160文字相当)
0円

ニッテルの方が、倍以上と断然お得です!
このまま数ヶ月も利用すると、すごい差に!
ニッテルの現地携帯をお勧めいたします。
『豪(郷)に入れば豪(郷)に従え』です!携帯は賢く使いましょう!

※詳しくは各店舗までお問い合わせ下さい。

オーストラリアで通信サービスを提供するニッテルコミュニケーションズ